TOP

風俗で少し人生が明るくなったと思います。そんな僕の明るい風俗体験談です。

関西の風俗ってどうなの?

関西の風俗といえば大阪が中心でしょう。大阪は何があるというわけでもなく観光する場所などもあまり思いつきません。世界遺産などもあまりないところが分かりやすくイメージできるのではないでしょうか。そんな大阪でも中心部から離れると離れるほど下町のような雰囲気が多くなり飲み屋街や歓楽街が多くなってきます。ほとんどの場合は西部に向かうことが多く、十三や尼崎といった場所がかなりの人気があるでしょう。風俗街の色も出てきますので、ファッションヘルスやデリヘル・ホテルヘルスなどが割りと多いイメージです。大阪中心部との一番の違いはなんといっても周辺近隣エリアの施設面の部分が大きいでしょう。つまり、シティーホテルやラブホテルといったような宿泊施設も非常に重要です。歓楽街ですので、もちろんホテルも多くなってくる十三・尼崎が非常に活気が溢れています。デリヘルは非常に多く、多種多様なジャンルが混在しています。人妻・熟女系から格安・激安なお店が非常に多いです。関西・大阪という土地柄もサービスの料金価格に影響が出ていることは間違いないでしょう。こういった分かりやすい特色がある為、関西地方の人は少し遠くなっても尼崎などの地域を目指して足を運ぶようです。


兵庫から見た尼崎のデリヘル

尼崎のデリヘルは非常に安いです。全国平均から考えても非常に安いと感じさせられるほどです。兵庫(神戸)からすると同じ県であっても尼崎は非常に独特なので、一概に高い安いといような価格のイメージにはならないでしょう。神戸自体が高級感のある風俗サービスを提供する地域とあってしまっている分、180度間逆の環境となる尼崎は極端すぎる印象も生まれていることでしょう。2つの地域の決定的な差は、女性キャストの質の違いです。普通であっても箔が付いてしまう神戸に比べ、尼崎は人妻や熟女が多数在籍しています。下手をすると倍近くの価格差が生まれるケースもあるでしょう。次に大阪方面の風俗文化に影響されている傾向があることです。新地と呼ばれる異色の地が多いため、ヘルスとしての独自の文化が生まれているでしょう。その一番の魅力が価格となっている。尼崎はそういった文化を今も尚引き継いでいる地域なので、人気評判共にあるでしょう。また、近年デリヘルが増えてきた傾向が強い為、ラブホテルの乱立などに伴う活発な動きも後押しとなっていることでしょう。ですが、一度地域を移動してしまえば全く地域色は変わるので、局地的に特化した風俗街というものが存在しているのは不思議でなりません。そうなると2つの地域は同じ兵庫県内にあっても全くの別物なのです。しかし、利用者からすると選択肢が多いので好まれているはずです。街の雰囲気も影響されるでしょうから、足を踏み入れれば嫌でも体感できてしまうものでしょう。


西宮の風俗・デリヘルが実は穴場?

兵庫・大阪の風俗事情を語る上で見逃せないのが西宮です。三宮と尼崎に挟まれた西宮はまさに風俗のサラブレッド的な地域だと私は感じています。つまり、両サイドの地域の良いとこ取りができてしまうのです。神戸は高級感溢れるレベルの高さがあり、尼崎は安さが目立つ利便性があります。しかし、利用者からすると、普通の状況に需要があったりするものなので、可もなく不可もなくといった安定した状況を求めていることは事実です。デリヘルなどによくある失敗談などの多くは値段・価格と女性の質に依存しています。ですから、高さに相応の質が保たれているか、安さにあったサービスがあるかがとても重要なファクターになるはずです。それならば西宮はどっちにも着かないような間をとったポジションがある為、安定感は抜群です。お店によっては高級感も激安感も出しやすいものとなるでしょうから、利用者側からしても選び甲斐が生まれます。しかしもっとも得をしているのは働き手の女性だと私は考えます。色々なジャンルのお店が多いわけですから、特色にこだわった選び方をしなくても済みますし多少のマイナス面も補うことができます。要するに、激安店で働きたくない女性や高級店で働くレベルに達しない女性でも、西宮のデリヘルであればマッチした形で働くことが可能なのです。そういった状況が結果的に西宮の風俗・デリヘルの各店舗の今の形を作り上げているものとなっているのでしょう。色々な地域の環境によって違いはあるものでしょうが、単純にデリヘルを考えただけでも、他地域に負けない良い部分が西宮に生まれる相乗効果があるのでしょう。